出産内祝いとは

「出産内祝い」とは、出産祝いを頂いた方に、感謝の気持ちをこめて送る返礼品のことです。生まれた赤ちゃんのお披露目を兼ねて紅白の蝶結びのしを使用し、水引の上に「内祝」下に名前を書いて贈ります(命名札をつけることもあります)。正式に贈る時期は、大体お宮参り(生後一ヶ月)の時期が一般的です。お相手に特別な事情がある場合以外は、遅くても二ヶ月以内に贈るのがマナーとなっています。 現代では、「出産祝いのお返し」という位置づけが定着しているこの出産内祝いではありますが、昔は純粋に元気な子どもが生まれたお祝いとして、親類縁者や親しい方に対して、紅白まんじゅうや赤飯などを配る行事でした。出産というのは母親にとって、赤ちゃんにとって、ひいては一族にとって、とても大きな大切な出来事です。無事に出産できた喜びのこめられた、めでたいお品を受け取り、皆で幸せにあやかろうという、昔のひとたちの心温まる慣わしだったのです。

「自分が送ったものへのお返し」ではなく、「幸せのお裾分け」だと思いながら受け取ることで、きっと、受け取る側も優しい満たされた気持ちになれるのではないでしょうか。

このサイトでは、出産内祝いをいただいた際の簡単な注意事項を紹介します。送る側だけではなく、受け取る側にも、守るマナーは存在します。おめでたい慣わしです。お互い気持ちよく事を運びたいもの。いつ、どちらの側になっても良いよう、しっかり把握しておきましょう。

◎管理人特選サイト
出産内祝いに最適な高級お米のギフトセット通販サイトです >> 出産内祝い ギフト

Copyright © 2014 出産内祝いをもらったら All Rights Reserved.